つうぃんくる

Front-Page

つうぃんくるについて

つうぃんくるとは

重症心身障害児を育てる家族の交流を支援する活動を行っています。

燕市児童館「こどもの森」などを拠点に、その周辺地域にお住まいの方を対象に重症心身障害育児サークルを立ち上げました。
身体に重度の障害があるお子様を育てている親御さんなら、どなたでも参加できます!
情報交換をしたり悩みや不安を相談したり、気持ちを共有できる仲間と互いに認め合い、語り合って
辛さや大変さを一人で抱え込んで孤立することがないよう、支援します!

詳しくはこちら


重症心身障害児とは

重度の肢体不自由と重度の知的障害とが重複した状態を重症心身障害といい、
その状態にある子どもを重症心身障害児といいます。
さらに成人した重症心身障害児を含めて重症心身障害児(者)と呼ぶことに定めています。

これは、医学的診断名ではありません。児童福祉での行政上の措置を行うための定義(呼び方)です。
その判定基準は、国は明確に示していませんが、現在では、大島の分類という方法により判定するのが一般的です。
重症心身障害児(者)の数は、日本ではおよそ43,000人いると推定されています。
社会福祉法人 全国重症心身障害児(者)を守る会HPより引用


ご家族の声

参加ご家族の声

voice1
voice2
voice3
voice4
voice5
voice6

活動内容

活動内容

毎月第3土曜日に、兄弟や祖父母も一緒に参加して、一緒に楽しめるような会を目指しています!

詳しくはこちら

ビジョン

ビジョン

家族が主体となり
「交流を通して自分たちの願いや希望を叶え、医療・教育・福祉および社会環境の充実を目指します」
他団体との交流を通して地域との関わりを深め、さまざまな社会参加が可能な住みよいまちになるよう、活動を広げていきます!

詳しくはこちら

参加スタッフのご紹介

参加スタッフのご紹介

医療的な配慮が必要なお子さんも安心して参加できるよう、県立吉田病院副院長 小児科 原正則先生、
岩室リハビリテーション病院訪問看護ステーション理学療法士 松宮が積極的にお手伝いします。
その他医療に携わる各分野の専門スタッフ、学生ボランティアも参加予定です。

詳しくはこちら

よくあるご質問

Q.どんな方がサークルに入れますか?

重症心身障害児、重度の障害児を持つご家族の方。(お子様の年齢は0~18歳ぐらいの方が対象です。)

Q. 燕三条近辺に住んでいなくても参加できますか?

はい。もちろん参加可能です!

Q. 参加費はかかりますか?

いいえ。かかりませんのでご安心してご参加ください。

もっと見る

最新投稿

  • クリスマス会☆2019

    今年のクリスマス会は、上教大の佐藤先生と学生さん達が企画を考えてくれました☆ たくさんの学生さんが参加してくれて、とても楽しかったですね! サンタさんも登場!!! 最後はみんなで記念撮影。プレゼントもたくさん頂きました。 …

  • 子ども向け介護食講座

    11月10日、吉田産業会館にて子ども向けの介護職講座を開催しました。 新潟調理師専門学校の先生方に講師をお願いしました! 事前に子どもたちが好きなものや食形態など、細かく聞き取りをして頂いて、 これが普通食のメニューです …

  • 岩室あなぐま芸術祭 作品作り

    8月25日、岩室あなぐま芸術祭の作品作りをしました! いろんなものを思いのままにビンに詰めていく作業・・・ 個性が出ますね~~~! 色や感触や音など、感じ方もそれぞれ。 今年はどんなふうに飾られるのかなぁ、楽しみですね!

  • 燕花火大会☆

    28日、今日は燕の花火大会です。 今年もきれいな花火がたくさんあがりましたね。 家族みんなで楽しめる恒例行事となりました!!!